前頭葉機能試験に挑戦!

前頭葉機能試験とは、痴呆症の検査にも使われます。
きっかけは
開発に必要な能力の衰えはないか? と心配で、自己診断してみました。
検査の結果で判ること
前頭葉の試験結果は IQの高さ ではありません。
観察力・注意力・判断力に関することです。
その結果、プログラマが天職のようです。
結果は
 Test A 33秒
 Test B 35秒
平均値は

Test A の平均値
20代  66.9秒
30代  70.9秒
40代  87.2秒
50代 109.2秒
60代 157.6秒

Test B の平均値
20代  83.9秒
30代  90.1秒
40代 121.2秒
50代 150.2秒
60代 216.2秒

私の場合は
Test A 33秒
Test B 35秒
寝不足で疲れている時に試験したにも関わらず
予想以上の結果でした。

私は、20代の2.3倍、同世代の4.3倍の処理能力の前頭葉らしい。
デメリット
 同世代の会話では、話しの展開が早すぎて輪に馴染めない。
 仕事の遅い人と一緒に作業することが苦痛。
メリット
 大規模システムでさえも一人で容易に開発できる。
 開発時間も短縮できる。
 結果とて、お安く提供できる。
念を押しておきますが、前頭葉検査はIQの高さではないので頭が良い、ということではありません。
同時に複数の条件を考慮して考える能力なので、プログラマに向いているということです。
20代の頃、同じ前頭葉試験では20代の1.5倍位ということで、まあまあ褒められる程度のレベルで、秀でているというほどではありませんでした。
20歳をすぎて脳が発達するとうことは考えにくいのですが、
プログラマという仕事を続けた結果、衰えるはずの脳が、更に鍛えられたのかも知れません。
 この能力のおかげで、他社が真似できないほどの人件費を削減でき、結果として早くお安くご提供できます。
生まれ持ったこの能力を活かして、これからも沢山のwebシステムを開発していきます。
是非、お気軽にご相談下さい。

wordpressの管理画面にページを増やす

wordpressの管理画面に「ページ、メニュー」を増やす方法

1つだけ増やす例は沢山公開されているが、複数の場合の書き方を紹介します。

ソースコードを見る

サイト表示速度 1位継続中!

サイトの表示速度、久々にTOPとりました。

複雑なプログラム、大規模なサイトなど制作しています。もちろん軽微な小さなサイトでも
サイトの表示速度が遅ければ、素敵なサイトも見てもらえません。
サイトの表示速度は、どのような開発にも必須です。

サイト表示スピード測定 | サーバレスポンス時間測定