制作したものと思っていたものが違う?悩まずにご相談下さい。

ご依頼の内容に沿って制作します。

極力ご希望に沿えるように制作します。

それでも

仮納品で、思っていたものとまったく違うと言われるケースが稀にあります。

ご依頼いただいた内容と、思っていたものが、違うのはどういうことなんでしょう。

「思っていたものと違う」と諦めるのではなく、ご相談下さい。

当初の予算内でできる内容か、予算をとっていただく必要があるのか、

などをご相談の上、ご依頼内容を変更して進めることもできます。

ほとんどの場合、機能が思っていたものと違うのではなく、見た目や使い勝ってが想像と違うことのようです。

思っていることを、言葉でお伝えいただければ何とかなるケースが多いです。

「思っていたものと違う」とキレたり、投げ出したり、諦めたり、そうならずにお客様ご自身が頑張ってお伝えいただくことが理想へ近づけるコツです。

カテゴリーBlog